株の取引きと手数料

取引にかかる手数料の存在は、株取引と切っても切れない存在です。手数料は一度の取引の度ごとに課金されるため、デイトレードなどで何度も取引する人には見過ごせません。

手数料の存在をうっかり忘れて取引を繰り返していると、ネット株で得られるはずの差益がどんどん小さくなります。

取引手数料を正確に把握していなかったために、取引でプラスが出たつもりだったのに、実は損になっていたということもありえるのです。

株取引の歳には、証券会社の取引手数料はいくらなのか、そしてどんな条件で手数料が増減するかということをきちんと知っておく必要があります。

手数料の仕組みは、その取引を扱う証券会社毎に決まっています。

1日の合計約定単位ごとに手数料が決められている一日定額制は、その日のうちなら、何度取引をしても委託手数料は一定額です。

一日定額制は、細かく利益を確定し何度も売買をしたい人にとってお得なシステムです。

約定単位制は、ネット株の取引をする度に委託手数料がかかるシステムなので、株取引の頻度が少なく、中長期に渡って株を保有する人や、あまり頻繁に株取引をしない人に向いています。

一口に約定定額制といっても全て同じではなく、一律の手数料のところや、階段制の約定定額料金として取引量によって段階的に手数料が違うところもあります。

手数料はどれがいいというものではありません。どれがいいかは取引の形によって違います。このような手数料の仕組みの他にも、一日の間で

決済まで済ませたしまった取引については片道手数料でいいところや、取引金額が一定に達するまでは手数料無料の場合もあります。

コメントを残す