アセロラの成分を健康や美容のために摂取する

アセロラの成分を健康や美容のために摂取するのにサプリメントを利用している人がたくさんいます。アメリカ北西部や西インド諸島が原産地であるアセロラが生息しているのは、温暖な地域のようです。

アセロラの果実はサクランボと似ており、2センチ前後の直径で、5~8グラム程度の重さがあります。中には3個の種が入っていおり、その表面は少し凹凸があるようです。収穫から2~3日で皮が薄いことから傷み始めるため、不可欠なのは熟したらすぐに食べることです。

日本では、生の果実よりもサプリメントや加工食品として流通しているものが多く見られるようです。ジュースを乾燥させて粉末状にしたサプリメント、錠剤やカプセル型のサプリメントが、ジュースに加工される以外にもあるようです。

バーモントやレーボルクなどの酸味が強い品種と、フロリダスウィートやルビートロピカルなどの甘味が強い品種があるのがアセロラの特徴だといいます。酸味が強い自社で開発した品種を、ニチレイのアセロラドリンクは、ブレンドして製造しています。

日本のアセロラドリンクはそもそも希釈度合いが高く、糖分が酸味を抑えるために入っているものがほとんどだといいます。多くの場合、アセロラ本来の味がわからない商品になっています。サプリメントも、アセロラの酸味を感じにくいように工夫されているものが多いようです。